スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【COP10先住民族ニュース】IIFB声明 議題4.4資源動員のための戦略、および4.10金融メカニズム

議長、ありがとうございます。
わたしたちは事務局によって準備された文書を歓迎します。私たちは本日午後に締約国によって行われたさまざまな仲裁を認識し、計画されている革新的な金融メカニズムについての配慮が引き起こす多くの懸念に同意します。革新的な金融メカニズムのための予想される選択オプションの多くは、わたしたちの資源、土地、領域、生活、そしてわたしたちが生物多様性を持続的に活用し、保全するあり方に重大な影響を及ぼしうるものだということに注意を喚起したいと思います。わたしたちの自己決定権や、自由かつ事前に行われる告知(EPIC)への権利は、政策枠組みの形成、立案、デザイン、実行、復旧、回復、利益分配、紛争解決といった計画期間のさまざまな段階をつうじて、わたしたちの権利と利害を守るための必要最低限の基準です。革新的な金融メカニズムに配慮した政策オプションは、わたしたちの権利が考慮され、金融資源の動員に関する将来の議論にわたちたちが参加することを保証するよう提言する文言を伴う必要があります。それゆえ、わたしたちは「革新的な金融メカニズムに配慮した政策オプション」に関する決議案の第8段落の文言(doc
COP/10/1/Add.2/Rev1の46ページ)の括弧が外れて確定され、それによってわたしたちの権利の保護を前進させるような適切な保証がなされるのを望みます。

 金融メカニズムについての審議事項4.10を鑑みると、わたしたちからはたくさんの文言の変更の提案があります。それについて以下のように記して提出します。
セクションBの4.4項においては、
(a) 先住民族とコミュニティの保全地域(先住民族Indigenousという文言を追加)
(e) システム全体のニーズに対応した、包括的、網羅的、公平で効果的に管理された保全地域システムに向けた保全地域一覧表のさらなる整備(公平でequitablyという文言を追加)。

セクションBの4.6項(伝統的知識)においては
(f)新たな文言:伝統的知識のための能力開発の入門的な提案など。それには情報・コミュニケーション技術に関する訓練や、先住民族と地域コミュニティがインターネットなどの現代のコミュニケーションの恩恵を十分に受けることができるようになるためのウェブコンテンツの管理についての訓練など。

セクションBの4.7項(持続的活用)においては
1.生物多様性の活用が持続的であることを保証するような、ナショナルそしてローカルなレベルでのアディスアベバ理念・指針の実行。
2.新たな文言:条約10条(C)に従って、慣習的で持続的な活用の保護と奨励のために先住民族と地域コミュニティを支援するプロジェクト。

セクションBの4.24項(政府の報告)においては、
1.時宜を得た容易かつ迅速な財政的支援をともなう、先進国の締約国と経済的移行期にある国家が参加した政府報告書の準備(参加した、という文言を追加)

Eの2.1においては(現在審議中)
新たな文言(c)繰り返し:
先住民族についての政策の策定

COP10先住民族ニュース取材班
(文責:塩原良和)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Indigenousnet

Author:Indigenousnet
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。