スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【COP10先住民族ニュース】8条(J)作業部会におけるIIFBの声明

IIFB:議題項目6.7 – 8条(J)及び関連条項
COP10名古屋・日本:
議長、CBD事務局および政府代表のみなさま、ありがとうございます。本日、わたしたちは生物多様性に関する国際先住民族フォーラム(IIFB)を代表して発言いたします。
 8条(J)及び関連条項の作業部会の進捗状況を鑑みるに、行動計画(PoW)の実行については、たとえば先住民族・地域コミュニティに対するキャパシティ・ビルディングの試みやAkwe:Kon指針といったいくつかの進展はみられたものの、先住民族と地域コミュニティの伝統的知識を保護するための固有の慣習法システムの発展のように、わたしたちが根本的に重要と考える他の分野での進展のなさにいらだちを覚えずにはいられません。
 わたしたちは、ラテンアメリカやカリブ海の先住民族・地域コミュニティへのキャパシティ・ビルディングにスペインが賛成したことを歓迎します。こうした試みを継続し、他の地域に拡大し、先住民族の若者や女性の参加を促進していくことは極めて重要であり、COP9で採択されたジェンダー・プランの実行とも関連しています。わたしたちは、スペインが引き続きこのイニシアチブを支持し、他のすべての締約国がそれに従うように呼びかけます。
 政府は8条(J)の作業部会の要請に従い、先住民族と協働しなければなりません。行動計画を効果的に進展させるために根本的に重要なのはそれだとわたしたちは考えます。
 わたしたちは、改訂された条項の実施に関する複数年作業計画の主な項目として、10条(C)含めることを歓迎します。8条(J)はそもそも保護地域に焦点を当てています。固有の慣習法システムに言及している行動計画の課題12を維持することが根本的に重要です。こうしたシステムが発展した暁には、慣習法と伝統的知識の本質的な関係は、先住民族と地域コミュニティの伝統的制度・組織を国家が承認することと同様に、尊重されなければなりません。
 固有の慣習法システムは伝統的知識の保護のために発展させなければなりません。それは先住民族と地域コミュニティの十全かつ効果的な参加をともなって管理・評価されるべきであり、先住民族・地域コミュニティの慣習法とコミュニティ・プロトコルを基盤としなければなりません。
 わたしたちは倫理行動規約の採択を強く推奨します。そして、先住民族・地域コミュニティとしてのわたしたちが有する土地や水域への権利を改めて立場表明します。それらはわたしたちが伝統的に占有し、使用してきたものであり、Akwe:Kon指針の際に交渉された文言と同様、今回の交渉においても十分に認識されなければならないものです。またわたしたちは、この規約が自由意思および事前の告知・同意にもとづくものであるように要請します。
 IIFBは、生物多様性と気候変動をめぐって。いかにそれらに対応して和らげるかという方法の問題も考慮にいれつつ、徹底的な対話がなされるべきだと提案します。
 モントリオールでの第6回作業部会での議論で、指標の採用にさまざまな政府が同意したことに注意していただきたい。そして、土地使用についての状態と趨勢についての指標を、先住民族・地域コミュニティの領域においては土地保有の保全を含めるように変更するよう要請します。わたしたちの提案を文書でここに提出します。
 最後に、わたしたちは政府に対して、8条(J)の作業部会での審議で、行動計画についての未審議の課題を遂行するように要請します。これから始まる議論に、わたしたちも本日行った提案をもって寄与する所存です。
議長、どうもありがとうございました。
(COP10先住民族取材班)
(文責:塩原良和)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Indigenousnet

Author:Indigenousnet
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。