スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COP10に向けた先住民族準備会議

日時:2010年10月15日(金)―17日(日)
会場:中京大学名古屋キャンパス16号館 (地下鉄「八事」駅)
内容:世界各地における先住民族の経験を共有し、先住民族代表の意見集約・戦略調整・役割分担のための話し合いを行います。
主催:生物多様性に関する国際先住民族フォーラム(IIFB)
共催:アジア先住民族連合(AIPP)、市民外交センター、中京大学法学部 

こちらは世界各地からCOP10のためにやってくる先住民族の人たちの戦略会議なので、外部の方の参加は原則受け付けていません。取材などのお問い合わせは、下記にお願いします。

木村真希子 kimuramakiko@hotmail.com
越田清和 koshida@jca.apc.org

【会議の概要・背景】
 COP10本会議の直前(10月15~17日)に、世界中から集まった先住民族(予定では約100人)が、本会議におけるロビーイングの戦略などについて議論する。
 IIFBは、1996年のCOP3から会議に参加して以来、正式の参加団体となり、生物多様性条約に先住民族の視点を反映させるための活動をしている。
 準備会議では、1 伝統的知識 2 2010年後の戦略  3 ABS(利益の公平な配分) 4 海洋・湾岸 5農業と生物多様性 6 内陸部の水資源 7 保護地域 8 乾燥地帯 9 山間部の生物多様性 10気候変動と生物多様性 11 生物多様性の促進 12 資金 13 生物多様性のグローバルな状況 という分野で分科会を行ない、そこでの意見を本会議に反映させる。
 アイヌ民族や琉球民族も参加する予定になっている。日本での受け入れを準備している支援実行委員会(市民外交センターなど)は、期間中にニュースレターなどでの発信を計画している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Indigenousnet

Author:Indigenousnet
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。