スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告会のお知らせ】国連・先住民族の権利に関する最新動向

===転送・転載歓迎===========================
国連・先住民族の権利に関する最新動向
女性差別撤廃委員会(CEDAW)・常設フォーラム(PFII)・専門家機構(EMRIP)報告会
=====================================
国連先住民族の権利宣言の採択後、人権理事会には新たに「先住民族の権利に関する
専門家機構」が設置され、宣言の実施に向けて新たな体制が整い始めました。また、
既存の条約機関の審査の中でも、宣言採択後の勧告にどのような変化があるのかが注
目されます。
今回の報告会では、7月に日本政府報告書審査が行われた女性差別撤廃委員会、および
5月の国連先住民族問題常設フォーラムと8月の国連先住民族の権利に関する専門家機
構への参加者が、国連における先住民族の権利の最新動向を報告します。

日時:11月1日(日) 14時-
場所:東京麻布台セミナーハウス 大研修室(2階)
  地下鉄日比谷線神谷町駅E1出口 徒歩3分
報告者:親川裕子(沖縄市民情報センター)、猪子晶代(市民外交センター)
    木村真希子(市民外交センター)
資料代:500円
問い合わせ:市民外交センター 木村真希子
kimuramakiko@hotmail.com ファックス:045-350-4840
スポンサーサイト

【研究会のお知らせ】5月14日「保護し美化し懐柔せよ ──アボリジニーをめぐる偽りの政治誌」

明治学院大学国際平和研究所で、下記の研究会が開催されます。

============================
「先住民族と環境正義」研究会
「保護し美化し懐柔せよ ──
   アボリジニーをめぐる偽りの政治誌」
============================

講師:細川弘明さん(京都精華大学教授、PARC共同代表)

日時:2009年5月14日(木)午後6時半-8時半
場所:明治学院大学白金校舎本館9階 92会議室
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/
(JR品川駅・目黒駅よりバスで約10分、東京メトロ白金高輪駅、
白金台駅、高輪台駅より各徒歩約7分)

参加費:無料
申込先(当日参加も可): (準備のためできるだけ事前にお申込みいただけると幸
いです。)
お名前(フリガナ)、ご所属、連絡先をご記入の上、下記まで メールまたはFAX,電
話でお申込み下さい。

明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
〒108‐8636 東京都港区白金台1-2-37
Tel:03(5421)5652/Fax:03(5421)5653
E-mail: prime@prime.meijigakuin.ac.jp
http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/index.html

【報告会のご案内】草の根からの「平和構築」の意義と可能性~チッタゴン丘陵委員会第2回バングラデシュ訪問報告会~

…─…─…──…─…─…──…─…─…──…──……─…─…──
      草の根からの「平和構築」の意義と可能性
  ~チッタゴン丘陵委員会第2回バングラデシュ訪問報告会~
…─…─…──…─…─…──…─…─…──…──……─…─…──

官主導で進みがちな平和構築活動の多くは、規模が大きく国際社会で関心の高い
紛争に限られがちな反面、慢性化した小規模の紛争には光が当たらずにいます。
長期化したチッタゴン丘陵先住民族とバングラデシュ政府の紛争は、国際社会か
ら長く取り残されてきた課題でした。「草の根からの平和構築のモデルとなれる
か」。その報告会です。

チッタゴン丘陵委員会は、80年代後半に人権活動家たちによって設立された組織
で、1990年にチッタゴン丘陵とトリプラ州を訪問し、『Life is not Ours(人生
はわがものにあらず)』と題する報告書で世界にチッタゴン丘陵の問題を世界に
知らせました。

その後、ジュマの内紛を理由に活動を停止していましたが、2008年に5月にチッ
タゴン丘陵委員会の活躍が再開し、ジュマ・ネットもこの動きを支援し、日本か
らは上村英明氏が委員として選ばれました。その後、最初のチッタゴン丘陵委員
会による訪問が2008年8月に実施され、現地社会に非常に大きなインパクトをも
たらしました。

新政権の中心政党であるアワミ連盟は、「チッタゴン丘陵和平協定の完全実施」
をマニュフェストの中に挙げており、まさしく、10年に一度の大きなチャンスを
ジュマの人々は迎えています。そして、2009年2月チッタゴン丘陵委員会は第2回
訪問を果たし、上村委員が参加し、バングラデシュ新政権と閣僚、その他多くの
ステークホルダーとの対話をしてきました。

報告者:上村英明(チッタゴン丘陵委員会委員、市民外交センター、恵泉女学園
大学)
コーディネーター:下澤嶽(ジュマ・ネット代表)、松田みどり(ジュマ・ネッ
ト事務局)

=====================================================================
■日時:2009年4月10日(金)19:00~21:00(開場:18:30)
■場所:環境パートナーシップオフィス「EPO会議室」 
※地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)とお間違いのないようにお願いします。
東京都渋谷区神宮前5-53-67コスモス青山B2F
■アクセス:「表参道」駅(東京メトロ:銀座線・千代田線・半蔵門線)徒歩約5分
「渋谷」駅(JR・東急・京王井の頭線・東京メトロ)徒歩約10分
■地図:http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html#epo
■参加費:500円(資料代)ジュマ・ネット会員は無料です
※4月9日(木)までにメールか電話、FAXでお申し込み下さい(当日参加もOKです)
■申し込み先:ジュマ・ネット事務局
Email:jummanet@gmail.com Tel/FAX:03-3831 -1072
=====================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主催:ジュマ・ネット
〒110-0015東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル5F
Email:jummanet@gmail.com Tel:03-3831- 1072
URL:http://jumma.sytes.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シンポジウムのお知らせ:12/6「アイヌ先住民族国会決議」を考えるシンポジウム

12月6日(土) 13:00開場、13:30開始 参加費:300円(資料代)
場所:専修大学神田校舎1号館3階302号教室(東京都千代田区神田神保町3-8)
JR水道橋駅西口より徒歩7分、地下鉄九段下駅出口5および神保町駅出口A2より各徒歩3分
報告:上村英明(恵泉女学園大学教授)、藤岡美恵子(法政大学非常勤講師)、島崎直美(札幌ウポポ保存会事務局長)、星野工(東京アイヌ協会副会長)
主催:「アイヌ先住民族国会決議」を考えるシンポジウム実行委員会
連絡先:NPO現代の理論・社会フォーラム(TEL:03-3262-8505,FAX:03-3264-2483)

「世界の先住民族、そしてアイヌ民族」セミナーの感想

11月29日、地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)でのセミナーでお話してきました。
会場には近隣の方や学生さんなど、40人を越える参加者の方がいて、びっくり。今年はサミットや国会決議で、このテーマに関心を持つ方々が多いのでしょうか。あと、一緒に講演した酒井さん率いるアイヌ・レベルスの人気も一因かな

今回、印象に残ったのは、酒井さんが「学校でアイヌ民族に関する記述を教科書で見つけると、それだけでドキドキして、順番が回ってくるのがいやでしょうがなかった」とお話したこと。
ちょうど参加者に教科書執筆に携わっている方がいたこともあり、講演後、お話ししました。「アイヌ民族の歴史や現状を教育に取り入れてほしい」という要請がある一方、学校で「アイヌ」という言葉を聞くだけでもびくっとしてしまう子どもがいるのも事実、というジレンマがあるので、「伝えるときに工夫が必要」とのことでした。

「教科書にアイヌ民族に関する情報をとりいれる」、こんな基本的なことでも、当事者の方に聞いてみないとわからない難しさがあるのだな、と改めて感じました。やはり、どんな政策にも、当事者の方の声を反映させることが必要です!
(木村真希子)

プロフィール

Indigenousnet

Author:Indigenousnet
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。